ジジイのたわ言 日頃思う事、感じた事を書いています。四寺廻廊

四寺廻廊 ジジイのたわ言

  • 図書館の窓から眺める外は横殴りの雪。
    我が家からここまで凡そ30分ぐらい、徒歩で来ています。 家から真向いの細い路地を南に進むと一級河川の堤防に突き当たります。右に折れ橋を渡り○○の銀座街、地主町を通り抜けながら、 図書館を右手に大きく迂回する形で駅の前を歩いてきます。
    商店街もご多分に漏れず、時代の大きな流れの中でシャッター商店街と化し、行き交う人もまばらで、すれ違う人は病院通いであろう老人ばかり。 おおよそ、若者の笑い声や子供たちの黄色い声を聴くことは、まずありません。
    しかし商店街を歩いていると以外にも印章屋さんとマッサージ店のお店が多いの気が付きました。
    はんこ屋さんは昔から店を構えているのでしょう、チラッと覗くと眼鏡を掛けたご主人が手持ち無沙汰に新聞など眺めていますっけ。  

    スポンサードリンク


    マッサージ店が多いのには不思議です。仕事疲れの解消でしょうか?整体の看板も併記されているお店もあることから、骨格の矯正でしょうか?
    私が図書館に行く道路沿いだけでも5 件、市内にはそれ以上ある筈です。 お酒では疲れが取れない、指圧、按摩マッサージで、生き抜き、くつろぎのリラクゼーション効果が欲しいのでしょうかね?
    それほど現代人はお疲れかい。。
    また、若い骨密度の低い女子に多い頭痛、肩こり、腰痛、膝痛等のための整体・骨盤矯正なのかい?次世代の橋渡し大丈夫ですか、、
    正直、こんなもんに金掛けて贅沢だなと、ジジイは思うのだが、それは的外れかい。
    体は自分自身で守るのが基本だが、小手先の対処療法では根本的な解決にはならないと思うがな。

    [四寺廻廊] 2018.3.4


    スポンサードリンク